カテゴリー別アーカイブ: 日記

女性のプレ更年期の症状と改善効果がある食べ物

女性ホルモンの急激な減少の影響により、様々な不快症状が現れる更年期障害。

その、予備軍とも言われているプレ更年期障害をご存知でしょうか?
今までは、女性特有の病気と思われていましたが、近年では男性にも増加傾向の様です。

女性ホルモンの分泌が低下するとどのような症状が出るのか?
プレ更年期の症状はさまざまで、個人差にもよりますが簡単に症状をまとめてみました

・頭痛
・めまい
・不眠・不安感
・ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)
・寝汗・発汗
・むくみ
・のどの渇き・ドライアイ
・月経異常・尿失禁
・胸焼け・胃もたれ
・手指の痛み・痺れ・変形
・太りやすい

プレ更年期とは「卵巣機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が減少する期間」のことを指します。
30代に入ると卵巣の機能が徐々に低下し、月経異常・月経不順などが起こります。
日本人の閉経年齢の平均は50代と言われていますが、初潮年齢の低年齢化もあり30代半ばでプレ更年期を迎える人も増え始めています。

実際にプレ更年期の女性達に話を聞くと、とても苦しい思いをしている方がいる一方で、ほとんど不調も無く元気に過ごしている方もいます。
プレ更年期は、今では広く研究が進められ、改善に有効な食事療法やサプリメント、漢方なども多く発表されています。

最近は働く女性も増え、日常の疲れ、ストレス、睡眠不足…などから自律神経の乱れなども大きな原因にあげられます。

大切なのは、女性の体にはプレ更年期を迎えるとどのような変化がおこり、どのように備えておくといいのか、正しい知識を身に付けておくと良いでしょう。

プレ更年期は、エネルギーや脂質又は骨の代謝の変化や栄養の過剰あるいは欠乏状態になりやすく、心身の健康バランスをくずしやすくなります。

そこで、プレ更年期の人に適した食事や食生活とはどんなものなのか栄養素なども踏まえてみていきましょう。

女性ホルモンが正常に分泌されるためには、心も体も健康である事が基本になります。
一つの食材を採ることで、ホルモンバランスが劇的に整うということではないので誤解しないように気を付けましょう。

おススメメニューは和食の基本一汁三菜
【主食:汁物:主菜:副菜=3:2:1が理想のバランス】

また、積極的に取り入れたい食材としては、女性ホルモンと似た働きをする成分として注目されている大豆食品。
大豆は食物繊維やオリゴ糖も多く含み、加齢とともに乱れがちな腸内環境を整えてくれる上、骨を強くするカルシウムも豊富です。
食事はバランスが大事なので、健康食にこだわり過ぎてバランスを崩してしまっては意味がありません。

そこで、女性の味方の大豆には、大豆イソフラボンだけではなく、タンパク質やミネラル、ビタミン、食物繊維なども含まれていて女性には優しい食品です。

加工食品も沢山出ているので、調理方法を工夫すればバラエティーに富んだバランスの良いメニューが作れますね。

ここでまずはその大豆についてのお話をさせてください。

 私たちの日々の食卓でおなじみの納豆や味噌汁、豆腐などの大豆食品に含まれる大豆イソフラボン。

大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内細菌の力を借り、体内で変換されて生み出されたもの、それが健康・美容成分であるエクオールです。

しかしながら誰もが日常的にこの成分の恩恵を受けられると思いがちですが、残念なことに、エクオールを生み出す腸内細菌はすべての人の腸内に存在するわけではありません。大豆イソフラボンを摂取しても、体内でエクオールを産生できる日本人女性はわずか2人に1人くらいだと言われてます。

そこで見直したいのが腸内環境になります。
食事のバランスを見直し、ぜひ腸内環境を整えていく食生活を送っていただきたいです。

そして、1日に1回は意識して魚料理を取り入れ、緑黄色野菜を使った副菜を手のひら大の小鉢で朝・夜と加えるとバランスもよくなります。

青魚には不足しがちなオメガ3の良質な油、また、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれており、これらは血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする効果があります。

またデザートは、皮ごと食べられるブルーベリーや林檎など、ナッツ類もビタミンEを多く含み、他の栄養素の吸収を助けてくれる優秀な食材です。
更にビタミンEには抗酸化作用もある為、女性に嬉しいアンチエイジングも期待する事が出来ます。
またスムージーにして摂取しても手軽に補給出来るメニューも沢山有ります。

プレ更年期によるのぼせの症状の改善に役立つミントも「はっか」の成分がイライラを落ち着かせてくれ、ダラダラと急に出てくる汗やホットフラッシュによるのぼせ・多汗にも効果的です。
ミントの香りを楽しむだけでも気分がリフレッシュする事が出来るので、ミントティーなどで楽しむのも有効的です。

プレ更年期は疲れやすいので、精神的なバランスをとるなつめやシナモンもおススメです。
なつめは鉄分や葉酸も含まれている女性の心強いパートナーとしてもよく知られています。
なつめやクコの実などを活用した薬膳茶や薬膳料理もおススメです。

そして、漢方の考え方では、体調では「気」の巡りが悪くなります。

薬膳料理から女性ホルモンと関係の深い「腎」の強化が要となります。

食事で言えば、ホルモンの材料になるたんぱく質とその吸収を促す亜鉛。
ホルモンバランスを整えるビタミンB6などのビタミンB群や女性ホルモンと同じ働きをする大豆イソフラボンなどを同時に摂ることをお勧めします。

「腎を養う食材」として、黒米、黒豆、黒ごま、枝豆、カリフラワー、ごぼう、ブロッコリー、うなぎ、すっぽん、鯛、海老などがあります。

また、女性は特に生理にともない出血し鉄分が不足する傾向にあり、貧血が多いのも特有ですので、鉄分は気をつけて摂取する必要があります。

鉄分にはお肉や赤みの魚に含まれる動物性のヘム鉄とパセリや小松菜、大豆やレンズ豆などの豆類に含まれる植物性の非ヘム鉄がありますので、
バランスよく、ヘム鉄の方が吸収率が高いので、動物性ヘム鉄を意識されると良いでしょう。

ただ、ビタミンCと一緒に摂取することで非ヘム鉄の吸収率を高めれますし、動物性タンパク質と一緒に摂取しても吸収率は高まります。

食材の組み合わせとバランス良く取り入れることが大切です。

また、エストロゲンの不足により、ダメージを受けやすい髪や爪も「腎」を整えることでこれらの症状も改善が見られますが、食材では「スギナ」もプレ更年期世代の女性には強い味方と言えます。

胞子茎はつくしで有名なスギナですがケイ酸やミネラルが豊富で粘膜・髪を丈夫にしてくれます。
他にも、利尿効果や解毒作用もありむくみの解消に一役買ってくれる食材です。

プレ更年期の症状として、冷え性でお困りの方は【アジ・アナゴ・えび・鶏肉・キャベツ・人参・リンゴ・みかん】などの秋から冬にとれるものを摂取すると良いとされています。
反対にほてりでお困りの方は【シジミ・アサリ・牡蠣・トマト・きゅうり・茄子・イチゴ・スイカ・メロン】などの夏に採れる野菜や果物を意識的に取り入れると、症状を和らげると言われています。

プレ更年期とは無暗に怖がってしまうのでは無く、自分の体を労わってあげる更新時期と考えて体が喜ぶもを率先して取り入れてあげましょう。

伴乃 美名
iPhoneから送信

鴨肉は女性に嬉しい&良いことばかり!

IMG_5605.jpg IMG_5606.jpg IMG_5636.jpg IMG_5635.jpg

【鴨肉は女性に嬉しい&良いことばかり】

鴨が、ビューティミートと呼ばれているのをご存知ですか?
低カロリー、ヘルシー、やさしい脂、鉄分たっぷり

最近は、デパートなどや外資系、問屋スーパーで、手に入るようになりましたが
まだまだメジャーとは言えない鴨肉です。

鴨には、女性に嬉しい成分が豊富に含まれていて、「鴨を食べると若返る!」と言われています。

1鶏肉より低カロリー!ヘルシー食材
鴨肉は一見脂が多く感じられますが、
コレステロールが少なく不飽和脂肪酸や鉄分、
ビタミンB2が他の肉類に比べてズバ抜けて豊富で、とても疲労回復効果が高いといわれています。

2鴨肉の脂は実は体にやさしい!
「不飽和脂肪酸」は、植物油に多く含まれているもので、血中コレステロール値を低下させる作用があるといわれています。

脂肪酸には、下記の3つの種類に分けられ、

1.飽和脂肪酸はコレステロール値を増やす働きの脂肪酸

2.一価不飽和脂肪酸はコレステロール値を下げる働きの脂肪酸

3.多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)もコレステロール値を下げる働きの脂肪酸

それぞれの摂取バランスが「3:4:3」の割合が理想のバランスといわれています。

鴨肉は理想に近い割合です!

脂がたっぷり乗っていて美味しいのに、
みんなの気になるコレステロール値を下げる働きをする脂なのです。

3鴨肉の脂肪は体内に蓄積されない?!

脂肪の融点(脂の溶ける温度)が低く、
体温より低い24度~30度(牛や豚、鶏肉はそれぞれ45、38、37度で、人間より高い)で溶けるため、
脂肪が体内に蓄積されることはないといわれています。

4女性にうれしい鉄分たっぷり!
鴨肉は鉄分が多く、鴨肉自身のたんぱく質・葱などのビタミンCと一緒に摂取すると吸収が良くなります。

そして、
鉄分には、ふけこみ防止効果がある!

女性に不足しがちな鉄分!

鉄分といえば、貧血を防止する栄養成分としてよく知られていますが、

鉄分の不足で、女性の抱える不調、
例えば めまい、立ちくらみ、疲れ、息切れなど、更年期障害ぽいものも実は鉄不足から、
起きてる場合もあるようです。

鴨肉には、鶏肉の6倍も含まれているのです。

そのほかにも、しっかり鉄を取ることで、
顔の血色を良くしたり、
コラーゲンの生成にとても重要な働きをします。

なので、鉄分不足は老け込む原因!

になるのです。

暖房を入れはじめ、なんとなくお肌も乾燥しがちなので、
シワシワの老け肌になりたくなかったら鴨!
この冬は鴨肉をお勧めします。

今回は鴨の胸肉を使ったお料理。

脂身に切り込みを入れて、
鴨肉には○○おと酢を混ぜてソースを作り、
漬け込みして、低温調理をしました。

鴨肉はジビエになるので、臭いや臭みが気になり、
苦手な方が多いですが、

醤を使いこなすと、気にせず召し上がっていただけます。

醤を使いこなすレッスンも始まりました。

醤は仕込んでみたけど使いこなさない!という方、
ぜひ、お問い合わせ下さいね。

伴乃美名
iPhoneから送信

2019年ぐるなび®︎トレンド鍋は「発酵鍋」発酵鍋でも「ト リプル発酵鍋」は如何ですか?

IMG_5362.jpg IMG_5359.jpg IMG_5358.jpg IMG_5361.jpg IMG_5360.jpg IMG_5365.jpg

2019年ぐるなび®︎トレンド鍋は「発酵鍋」ということで、
先日も発酵について取材をいただきましま。

今日は発酵鍋でも【教えてもらう前と後】で放送されていた「トリプル発酵鍋」というものを私も作ってみました。

こちらの番組では、キムチ、カマンベールチーズ、白味噌のトリプル発酵食品を使用し、

トマトジュース 、めんつゆ、水でスープを作っていました。

めんつゆと水は「昆布出汁、八方だし」を使用し、
トマトジュース はトマト麹とトマトジュース で
かさ増ししました。

トマト麹はトマトジュースと米麹で甘さ控えめに
作ったものです。

なので少し甘みが欲しかったので、
トマトジュースを半々にして、
少しトマト麹の中にトマトジュース を入れて
馴染ませておきました。

我が家で鍋といえば野菜もたっぷりといただきたいので、あらゆるものを入れています。

以前、生野菜は身体の血流を即すため、
身体を温めると言われ、

鍋は顔や胃まで温かいものが通るところが温まるけど、身体中の血行を即すものではない、

食べ終わって時間が経つとまた冷えるということがあると言われてました。

この発酵食品を使ったもの、
また私のように発酵調味料を使ってのお鍋は、

添加物も一切ないし、
添加物の入ったお鍋出汁を使うより、

健康志向の高まりが非常に見えており、
味わい豊かなうまみ、
香りの発酵食材が非常に注目されていくでしょう。

 発酵食品、とりわけ、納豆、チーズ、塩麹、味噌、ひしお、甘酒などを正しく取り入れていくと、

麹菌のもつ代謝を促したり腸の働きを整える作用があり、

風邪対策をはじめとした免疫力アップや美容効果も期待できるといわれています。

温めると麹菌は死滅して良いことはないのでは?
と心配されると思いますが、

完全に死滅する菌もいれば、
高い温度でも死滅しないものもありますので、
入れるタイミングでもかなり変わってきますので、
ご安心を!

この秋、天気も良く気温も高めだったので、
秋花粉の影響で鼻炎や風邪のような咳で、
喘息を患っている方も増えているようです。

腸内環境を見直すためにも、
温かいトリプリ発酵鍋を活用してください。

今日は発酵食品の代表格ともいえるチーズを使い、
また「カマンベールチーズ」を丸ごと入れたので、
とてもコクが出た感じがしました。

〆はトマトリゾット。

味噌と納豆、きのこ麹などでも美味しい取り合わせのように思いますので、
またやってご紹介しますね。

【スープ】
八方だし400ml
トマトスープ 700ml
(トマト麹400ml+トマトジュース 300ml)
白味噌 大1.1/2

【具材】
キムチ、カマンベールチーズ、とろけるチーズ、
白菜、豆苗、エリンギ、えのき、鳥もも肉、鶏ひき肉、山芋、(玉ねぎ麹、トマト麹)、玉ねぎ、ごはん

〆はトマトリゾット。
玉ねぎとご飯ととろけるチーズをいれました。

3つの発酵食品を合わせた【トリプル発酵鍋】
お試しくださいね。

伴乃 美名
iPhoneから送信

メーテレ「アップ!」の「腸活!たった混ぜるだけ⁉️簡 単発酵レシピ」に取り上げられました。

IMG_4597.JPG IMG_4599.JPG IMG_4577.jpg IMG_4581.jpg 6DFDF887-BC4F-4889-976E-22DC9CD3EBE2.JPG IMG_4589.jpg

最近、よく耳にする「腸活」とは?
「腸活」とは健康に大きく関わっています、
腸内環境を整えることを言うのですが、

腸は今や第二脳とも呼ばれるくらい、重要な消化器官です。

腸は脳の指令がなくても勝手に動く臓器ですし、

また、腸内に存在している細菌は、身体の中にあるドーパミンを50%、セロトニンを90%も生成され、

ドーパミンは快楽を与える物質で、
セロトニンは安心感につながる物質と言われてます。

美味しいものを食べると幸せな気持ちになるのは、
こういった作用が関係しているのですね。

このような脳内物質までも腸の中で作られています。

また、「お腹」と「心」の調子も繋がっていて、
落ち込んだり、眠れなかったりしたとき、
腸の中のセロトニンがうまく作られなかったりしています。

腸内環境を整え、良い菌に満たされるようになると、
ストレスレベルが軽減し、

学習意欲や記憶力もアップするそうです。
そして相手を思いやる心も満ちてくるとか。

心を穏やかに過ごせるようになるので、
思いやりも出てきそうですね。

それましたが、
身体の元気のカギは「腸内環境」にあると言われてます!

「腸活」のポイントは、
1.食事 2.運動 3.規則正しい生活
だそうですよ。

最近、「腸活」のなかでも注目を浴びているのが、
「発酵食品」です。

ぐるなびの2019年のトレンド鍋®︎は「発酵鍋」に決まりました。

お店では様々な商品も発表されています。
例えば、
赤からさんはヨーグルトチーズ鍋
vivilanさんは塩麹菌活キノコ鍋

私はというと、トリプル発酵鍋を試作中です。

普段の皆さんはどんなものを取り入れてるのか?

甘酒、納豆、ヨーグルト、みそ、しょうゆ、ぬか漬け…
皆さんが毎日のように何気に取り入れる発酵食品には、

「腸内環境を整える働きをする良い菌が豊富で、
身近なものでお腹の中に取り入れることができるものとして、発酵食品だと思いますので、
ある意味、お薬のように毎日少しずつ取り入れること」をお医者様もおススメされてました。

全ての発酵食品が腸内に届いて良い菌(善玉菌)となるわけではありません、腸内にいる日和見菌の餌となるオリゴ糖が豊富に含まれているので、どんどん腸内環境は良くなります。

そこで、私は家でも簡単に作れる発酵レシピを
お伝えさせていただきました。

石神アナの美味しい、の連発はとても嬉しかったです。

いろんな種類の発酵調味料が作り置きしてます。
あると便利な万能調味料。

きのこ麹が取り上げられていました。
また、トマト味噌や酒粕ペーストをご紹介しました。

発酵調味料を使うことで、
コクや旨味が出たり、一般の調味料を使うことが減ります。

お料理は
・サバのトマト味噌煮
・酒粕ペーストの鶏肉とごぼうのグラタン
・酒粕ペーストのドレッシング

酒粕ペーストは臭いの気になる方は、10分くらい煮込んでくださいね。

味噌や酒粕に含まれる麹菌は、
腸内の「善玉菌」を増やすため、
「免疫力向上」に期待ができます。

これからの季節、疲れや寝不足が免疫力低下を
引き起こし、風邪をひきやすいので、

是非、「腸活」のためにも、「発酵商品」を取り入れていただきたいです。

伴乃 美名
iPhoneから送信

味噌汁が健康にもたらす8つの効能

IMG_4258.jpg IMG_4647.JPG

味噌汁が健康にもたらす8つの効能

忙しい日常でも誰にでもできて、作ることが面倒でもなく、毎日、続けられ、そして、知らず知らずに効果を感じられる、身体の不調が改善されるという食材があります。

それは、日本人の定番調味料であり、身近な健康食品である味噌でした!

その味噌を使った味噌汁。

あなたの作る「味噌汁」はあらゆる面で最高レベルに達したものですか?

もし、あなたの作る味噌汁が最高レベルに達していたら、普段の食生活をちょっと見直すだけで、
身体の中から改善されていくことでしょう。

味噌でプレ更年期からのお腹痩せメソッドを考案、甘酒先生の伴乃美名です。

発酵食の専門家で麹菌の活きてる発酵食品をお勧めし、腸からキレイにする発酵美腸食®︎をお伝えしていますが、

一年を通して皆様の中で反響の大きいのが味噌仕込み教室で、私のお伝えするお味噌が何か違う、無くなると寂しい、味噌汁の味が違うから家族にも本当に好まれる…

など喜びの声をいただいていますが、

今では日本人にとってソウルフードとなった「味噌」は、世界中でも注目されています。

この味噌汁は普通に召し上がってもそれなりに美味しいのですが、
さらに食べ方を変えて最高レベルに達したとき、
体調もぐんぐん良くなり、
健康レベルが上がっていくことがわかりました。

今回は味噌について少しお伝えしていきますね。

もともと、味噌は、中国や朝鮮半島から渡ってきた「醤(ひしお)」という調味料が発達したもの
です。
小麦や米、豆などの穀類を、塩と共に発酵させたものが「穀醤」、魚を使えば「魚醤」、肉なら「肉醤」となります。(詳しくはひしお教室にてお伝えしていきます)

漁醤はタイ料理などによく使われるナムプラー、石川県のいしる、秋田地方のしょっつるなどが知られてますね。

日本で主に発達したのは穀醤で、奈良時代にはさまざまな醤が作られ、鎌倉時代には、すでに現代の味噌に近いものが発達していきました。

寒い地方の味噌は塩味が強く、暖かい地方は甘いなど、味噌は郷土色の強い食品である。

昔、農村では、味噌は各家庭で作るものだったようです。「手前味噌」という言葉は、味噌が家庭で作られることを前提に生まれた言葉といえる。

味噌には、米味噌、麦味噌、豆味噌などさまざまな種類がありますが、

この主材料である大豆そのものが、
良質なたんぱく質や脂質、糖分、ビタミン、ミネラルなど栄養豊富な食品です。

そこに麹菌の発酵という微生物のはたらきが加わることによって、栄養分は消化吸収しやすい組成に分解されるとともに、栄養価もさらに高まります。

この発酵段階で、大豆のタンパク質が麹菌によって分解されていくのですが、
味噌の場合は、このタンパク質が分解され、
完全なアミノ酸になる前のペプチドの状態で止まると言われており、

このペプチドが腸管、腸壁のところで吸収されます。なので、栄養がそのまま吸収され、腸内環境が整うと言われてます。

それでは、味噌汁が健康にもたらす8つの効能をお伝えします。

1.栄養価の高い「ヘルシーフード」である

主原料である大豆は「畑の肉」と言われてます。
味噌は大豆と麹・塩を原料とし、

ペプチド・アミノ酸のタンパク質や、イソフラボン、サポニン、酵素、食物繊維、リノール酸など健康に良いとされる栄養分も多く、
女性は特に積極的に摂取したいですね。

味噌は発酵していることから、通常の大豆にはない酵母や乳酸菌などの栄養素を含み、更に体内へ栄養を吸収しやすいと言われています。

2.老化防止

過酸化脂質と呼ばれる物質が体内で増えるといわゆる老化が促進されますが、

味噌に含まれるビタミンEやイソフラボンの抗酸化作用により、老化を防ぐことが出来ると言われてます。

3.美肌&アンチエイジング効果

美肌を維持するためにしっかり発酵して出来上がった味噌には、
必要な良質なタンパク質やビタミン類がたっぷり含まれています。

そして味噌に含まれる遊離リノール酸がメラニン合成を抑制してくれます。

シミを予防し、美白効果も期待できます。
また、サポニンやメラノイジンは細胞の酸化を防ぎ、老化防止にもなります。

女性にとって何より嬉しい効能ですね。

4.腸内環境を整え、様々な病気の予防!

「味噌は医者いらず」と言われていたくらい、
昔から日本人の健康を支えてくれました。

しっかり発酵して出来上がった味噌は、
実は塩分も低く、腸内環境を整えられることで、

また、味噌には血流を綺麗にする働きがあると言われており、血圧を正常値に保つ働きもあり、
疲れにくくなります。

抗がん作用、高血圧予防、肥満、便秘などから、
身体を守ってくれると言われてます。

5.ダイエット効果

食物繊維は腸内を綺麗にしてくれるので便秘解消につながり、ダイエット効果が期待されます。
他にもコリンという成分が含まれ、コリンには肝機能を高める働きがあります。

肝臓に脂肪が蓄積されるのを防いでくれます。
脂肪肝で悩む方におすすめの栄養素です。

また、大豆に含まれるタンパク質のひとつであるβコングリシニンには、血中の中性脂肪を低下させる働きがあるとも言われています。

6.コレステロールを抑制

味噌の主原料である大豆にはサポニンが含まれています。
このサポニンはコレステロールの上昇を抑制する効果があると言われています。

また不飽和酸であるリノール酸と大豆レシチンにも、血中コレステロールの上昇を抑える効果が期待できます。

7.バリエーションが豊か

豆味噌、白味噌、麦味噌、合わせ味噌など、
大豆と麹菌の組み合わせにより、様々な味噌が
楽しめます。
体調に合わせ、2.3種類の味噌を組み合わせることで、飽きることなく、毎日味噌汁を楽しめます。

8.保存性が高まります

野菜や肉、魚を味噌漬けにすることで、
保存性が高まります。
味噌は冷凍してもカチカチに固まらないので、
味噌丸を作って冷凍保存も可能です。

味噌だけでも8つの効能があるので、
具材を入れて味噌汁として、毎日取り入れることで、
身体の中から変わることが体感いただけることでしょう。

伴乃 美名
iPhoneから送信

便秘解消やお腹の張りの原因と効果のある食材とは!?

IMG_0743.PNG IMG_0745.PNG

こんな症状の経験はありませんか?

「すぐお腹がはってパンパン!! くるしくてたまりません!」

「やっとう○ちが出てもコロコロなのでスッキリしない!」

「便秘を解消してスッキリ毎日を過ごしたい!」

「どうすればいいの?」

このようにお悩みの方は非常に多いのではないでしょうか?

本来、毎日の便は食べた回数の便がでて、ぷかっと浮くような便がでるのが腸の働きが正常といわれています。

なぜ、お腹が張るのか?
スッキリ便秘解消したくないですか?

まずはじめに、なぜお腹が張るのか?

それは腸、特に大腸にこびりついてる古い便から発生してくるガスなどのせいです。

それと、栄養ドリンク剤を飲みすぎて大腸が怒って噴煙を出だしているイメージです!

そもそも大腸は小腸から送られてきた消化物(カス)から水分を吸収し、便をつくって体の外に出すはたらきをしています。

便秘解消やお腹の張りを取りたいからと、
栄養ドリンクやサプリなどを沢山取り入れても、

そのサプリの栄養は小腸でも吸収されず、
カスとなり大腸へと運ばれます。

でも、その大腸は化学物質が大嫌いです。

大腸には腸内細菌がいっぱいいるってご存知ですよね?

しかも良い働きをする善玉菌と
悪い働きをする悪玉菌がいます。

良い働きをする善玉菌はお肌を
1.きれいにしたり、2.免疫力つけたり、3.便通をよくしたりしますが、

この良い働きをする善玉菌は化学物質にとてま弱く、すぐに負けてあっという間にダウンしてしまいます。

化学物質ってどんなものを取り入れているのか?というと、

病院で出されるお薬やドラッグストア
で買って飲む薬、安いサプリメント、
体内で溜まってる食品添加物です。

身体に良いものだと思って召し上がっているので、気がつかないかもしれませんが、
ドリンク剤のラベルを一度見てみてください。

カタカナだらけで、これが化学物質です!

手ごろな値段でついコンビニで手をだしてしまうこれらのドリンクは、

水以外の中身が全部といっていいくらい化学的に合成された物質と甘味料です。

千円くらいするモノには自然なもの
から抽出された漢方的な成分がちょっと入っていますが、

それでも抽出するときに化学物質である溶剤をつかっています。

これは食事に使う調味料にも言えます。

常用すると人によってはガス発生になるんです。

腸の弱い方や大腸系の病気になった親族がいる方はとくに気をつける必要があります。

そういう化学物質にまけた良い腸内細菌が実力をなくした腸内環境では、

悪い腸内細菌が喜んで勢力を発揮し、
みずからガスをブスブスと大量に発生させます。

発生したガスは大腸が空っぽだと、
すぐにおならとして出てきますが、

なかなか便が出しきれてなく、
大腸の中に古い便が詰まっていると
通過を邪魔するのでそこにたまりますら、

腸内のあちこちで同じことが起こるので、
もうお腹パンパンです。

これがお腹の張りや便秘になる原因ですね。

お腹が張って苦しい!はやく便秘解消したい!

そんな時に早速しなければならないことは、
ドリンク剤や安価なサプリで体を良くしようと考えないで、

毎日の食事をきちんと食べることです!!

腸内環境をよくして、お腹の張りや便秘解消してスッキリさせたい人は、

私のおススメしている「菌の生きている甘酒」をはじめとした発酵食品をとりいれて、
(発酵食品に含まれるビフィズス菌や乳酸菌が大好物のエサなので)腸内細菌を活性化しましょう。

それには、手作り味噌とか化学調味料無添加の本物の味噌をつかって味噌汁を毎日1~2回、
取り入れることをお勧めします。

腸内のお掃除をする食物繊維も必要です。
味噌汁にゴボウの笹がきや大根、キャベツ、玉ねぎなどいれ具沢山の味噌汁を作ってみてくださいね。

発酵教室では味噌仕込みの時に、
スーパーで選ぶお味噌の見分け方やポイントなどもお伝えしています。

加工されてない梅干し(腸内を殺菌して
悪い腸内細菌をこらしめる)を毎日朝1個と、
納豆(消化をよくするためにきざみネギと卵黄をいれて)もおススメです。

納豆の注意点も発酵教室でお伝えしています。
腸内環境を良くすると言われている納豆も
悪い菌へと変わる時もあるので!

便秘解消につながる食べ方には気をつけてくださいね!

また、もう一つの原因はこちらです。

水分不足。

私達は一日、大体1.5Lから2.0Lの水分を飲みましょうと良く言われています。

梅雨前なのに、急に猛暑日が数日続いたあたりから、

「そういえば ここ数日でていなかったかも?」

「最近、 ちょっと硬いかも・・・?」

「野菜ちゃんと食べているのになぁ・・」

と感じてる方はいらっしゃいませんか?
お腹の張りをなんとかしたい!
便秘を解消してスッキリしたい!

って発酵教室参加される方や、
体験会に参加される方のお悩みワースト1です。

普段はちゃんと出ている方なのに
ここ数日、 そういえば便秘しているかも??

そう感じることがあったら・・・・。

それは 「水分不足」です。

わたし達のカラダって、 1日でどのくらいの水分を 排泄しているか想像できますか^ ^??

尿:約1,500ml
便:約100ml
汗:約500ml
呼気:約300ml

合計:約2400ml

これが教科書上に出ている数字です。

ここ数日続いていた 季節外れの夏日の影響で
汗と呼気から出て行く 水分の排泄量は増加!!!

よく観察してほしいのですが、
汗や呼気から水分排泄が増加すると
逆に減っていくのが尿量と便の水分です。

「排尿間隔がちょっと伸びてきたな~」

「お通じがちょっと固めだな~」

「お通じがちょっと出づらいな~」

これは すでに体内での水分不足が 始まっているサイン!!!
続くと、便秘にもなりますし、
下手したら 脱水症状・熱中症にも繋がります。

こういう季節の変わり目は 自分のカラダが
バロメーターになります。

何をどう食べているのか?
今日の便の回数、水分量などの記録をつけることで、カラダの変化を知ることができるので、
おススメです。

尿回数・量が少なかったな、と感じることができると、その日の水分量では不足していた、
お腹がはるとか便秘になっている証拠になります。

なので少しずつ水分量を増やしていくと、
だんだん便が出るようになってきます。

ここで、便秘解消する!お腹の張りをスッキリさせるための便秘の大敵はこの3つ!

・食物繊維不足
・水分不足
・オイル不足

毎日の食事は「バランス」が必要。
そして、何をいつ食べるのか?という食リズムも大切です。

便秘解消したい!っと思って、
食物繊維の多いものをとって沢山取り始めると、
またガスが溜まって苦しくなったりします。

では、このようなお腹の張りが苦しい、
便秘解消の効果のある食材って何でしょうか。

便秘やお腹の張りが気になった時、一番はじめに思いつく食材は食物繊維ではないでしょうか?

食物繊維には、ボソボソと筋っぽい不溶性食物繊維と、
サラサラ、ネバネバした水溶性食物繊維があります。

便秘解消にはどちらの食物繊維もバランスよく食事の中に取り入れることが大切で、

不溶性食物繊維は意識しないと取り入れることが難しく、

こちらをしっかり取り入れ、水分を多く意識して摂り入れると、
腸の中で水分を含んで膨らむことで、
排便を即すと言われてます。

あれこれ試す前におすすめの食材をご紹介したいと思いますが、
まずはこれ!【大根】

私はよく食べすぎたり、飲みすぎたりした翌朝のスムージーに大根を入れます。

大根って秋刀魚の添えとか、
お刺身のツマのイメージでしっかり効能を見たことがありませんでしたので、ご紹介します。

1.消化酵素の働き

大根をおろしには、消化を助ける成分がたくさん含まれているんです!
大根下ろしの辛み成分には、殺菌作用が含まれており食中毒を防いでくれます。

刺身のツマやステーキに添えてあるのは、
この殺菌効果を利用していると考えられますね。

大根下ろしには甘酒教室にお伝えしている麹にも含まれている次のような酵素が含まれており、
・でんぷんを分解するジアスターゼ
・タンパク質を分解するプロテアーゼ
・脂質を分解するリパーゼ
これらの働きで消化を助けてくれます。

焼き魚や揚げ物、お刺身に添えられているのも、
タンパク質や揚げ物の脂の消化を助けてくれていたのですね。

この酵素が脂肪や炭水化物などの余分なエネルギーを分解してくれ

2.整腸作用やむくみ予防

辛み成分のイソチオシアネートによって、
基礎代謝を上げる効果ま期待できちゃいます。

また、

むくみを解消してくれるカリウムが豊富に含まれ、
食物繊維によって便通の改善につながります。

3.美肌効果

この辛み成分には抗酸化作用もあり、また、カリウムやビタミンCも含まれており、
活性酸素を取り除く効果や美白効果、
肌荒れや吹き出物の予防にも効果があるようです。

4.病気予防

風邪の引き始めなど喉の痛い時に食べると殺菌効果で炎症が治るというのも以前やったことがあります。

5.おすすめの食べ方

大根はなんといっても皮ごと摩り下ろすことをお勧めします。

FPを使うと繊維が破壊されすぎてしまうので、
やはり摩り下ろすことが一番かなと思います。

なのでまずは50度洗いをおすすめします。

おでんなど茹でた大根も美味しいですが、
甘酒と同じで嬉しい効能をいただけません。

生で取り入れることを一番におススメします!

生で取り入れることを一番におススメします!

「大根ご飯」

大根をスライサーの千切りできるもので千切りにしてから荒いみじん切りにします。

水分を絞ったらまるでご飯のようです。

絞り汁にも酵素はたっぷり入っているので、
食前に飲みます。

発酵タイカレーでいただきました。

5分くらいしたら滞ってた血流が回り出し、
ポカポカしてきます。

また、

数時間するとお腹もゴロゴロ動きだして、
硬い弁もスルッと出てきます。

これは便秘の大敵の3つをマスターしているからです。

他には、
私は大根おろしと生姜のすりおろし、
辛みが気になるときはハチミツを入れて、
(ほぼありませんが)オリーブオイルを小さじ1をさらっとかけて、
食事の一番はじめに食べてます。

娘は大根おろしとヨーグルト
辛みが気になるときはハチミツを入れて、
デザートに食べてます。

お腹の張りを気にしていた娘もこれのおかげで、
スッキリ快腸になってるようです。

整腸作用もあるのでお腹が張った時にも続けたら便秘解消にも一肌脱いでくれる食材として、
おすすめです。

最後に、便秘に悩む方やお腹の張りを訴える方を見ていると、早食いの方が多い。
また炭酸水やお水で食べたら飲むという感じで流し混んでる方も多いように思いますので、

食事をひとくち入れたら最低でも30回は噛みましょう。

穏やかに食事に向き合い、
ゆっくり噛んで食物繊維を噛み砕くイメージで食事を進めてみてください。

腸内環境をととのえ、こうして
1日3回の食事の内容と食べ方をかえるだけで
お腹の張りと便秘が解決します。

伴乃 美名
iPhoneから送信

お腹の張り、ぽっこり気になりませんか?

IMG_0582.JPG

連休中はとかく、羽目を外して、好きなものを食べたいだけ食べたり、夜更かししたり、朝寝坊したり…と楽しく過ごすことも多いと思いますが、
不規則な生活が続いた時、連休明けに起こる出来事に、お腹がパンパンになってるなーってことありませんか。

気づいたら毎日でていたものが、そういえば出てなかったかも…と落ち込みます。

お腹が張って服のウエストに余裕がない……。
太った? と思うところですが、
いえ、それは便秘のせいかもしれません。

ぽっこりお腹の原因は、水分不足や腸内細菌のバランス、身体の疲労、不規則な食生活などさまざまあります。

手っ取り早く薬ですっきりするのは私はおススメできません。
腸が薬の作用で一時的な運動を起こし、便を出してくれますが、慢性化し腸自体の機能が衰えるからです。
なのでできれば自然に出したいもの。

生活習慣を見直しと、意識して必要な栄養素を取り入れるようにしましょう。

1. 何事も規則正しくが基本!生活習慣を見直してみませんか?

腸の疲れでは食べ物を消化・吸収する力が低下し、その結果、腸内環境が乱れ便を排出する力が弱まることで、便秘の原因になる恐れがあります。

食生活の乱れやストレスにより腸の機能が低下してしまうことを「腸疲労」というそう。
お疲れの腸には少しお休みが必要。
どんどん良いと言われる食べ物を入れるのではなく、消化しやすいものをや刺激のないものを食べて負担を減らしてあげましょう。
ついついしてしまう暴飲暴食や、クリームたっぷりの間食などを控え、普段の生活習慣を見直すよい機会になりそうです。

2. 水分をとってスムーズなお通じ

暑いとつい冷たい水分をとってしまいますが、
身体を冷やしてしまうので気をつけましょう。

おすすめは常温のものを取り入れることをおススメします。

? 常温の水
? 果物、野菜、ハーブなどを入れたデトックスウォーター
? 白湯
? 炭酸水

水分不足はお通じも硬く出しにくい状態になってしまいます。一度に多く給水するより、マメに水分をとることを心がけてくださいね。

3. 規則正しく食事を

忙しかったり、眠気に負けて抜かしてしまいがちな朝食ですが、最近では朝食を抜く方が増えてきて、そが腸が動かなくなって便秘を招いてしまう場合がかなりあるようです。

私のおススメしている食リズムというものは、
朝のスムージーを推奨しています。

夜、グッスリ眠って起きた朝、まだ腸も動いてない時に、スイッチを入れて、便を出すためにとりいれています。

スムージーは手軽に栄養が取れます。

果物2.3種類と野菜1種類、おすすめなのは「酒粕」と豆乳。

酒粕?と思われる方もいらっしゃると思いますが、酒粕は腸壁に溜まったカスを吸着して書き出す働きがあるのです。

豆乳の取りすぎには注意してくださいね。
また、
スムージーを初めてからたまに、
お腹が張るなどのガスだまりを感じる方がいます。

これは食物繊維の消化の問題です!

組み合わせとして、
でんぷん質の食材と(にんじん、キャベツ、カボチャ、トウモロコシ、カリフラワー、ズッキーニ)

柑橘系の組み合わせが特にガスが溜まりしやすいので、
その症状が出た時は組み合わせに気をつけてみてください!

実際はそのガスだまりは腸内環境の変化なので
良い傾向に改善しています。

オナラは我慢しないで出しましょう!

スムージー生活を続けていると
オナラは基本無臭になります!

これはお腹がスッキリしていくサイン!
と思ってください。

ところがもしちょっと臭いオナラなら?ぽっこりお腹まっしぐらサインです。

スッキリするスムージーを即飲みましょう!

オススメ食材はこちら

最強のデトックスフルーツならコレ
・バナナ

便秘解消体質を改善ならコレ
・ごぼう

お腹の中からデトックスならコレ
・大根

シミ・シワ・たるみ防止ならコレ
・アスパラ

疲労回復・老化防止ならコレ
・?芋

極上つや肌・むくみ予防痩せ体質ならコレ
・アボカド

女性ホルモンの免疫力ならコレ
・ザクロ

脂肪燃焼効果ならコレ
・ラズベリー

コレを意識しながら一番は大切なことは!
美味しいこと!

身体の声を聞いてカラダが欲してる食材を選んで美味しいスムージーでテンションを上げていきましょう!

高津 美名
iPhoneから送信

[甘酒を使いこなす!甘酒&甘酒だれ教室]

IMG_1938.jpeg

おはようございます。

立春も過ぎ、新しい一年がスタートしました。
最近、すっかりご無沙汰になっています、
発酵美腸食教室を再開します!

新学期が始まり、お弁当作りにもとっても役立つ方法、調理法などを交えてお伝えしていきたいと思っています。

リクエストをいただいていたフルーツ甘酒や甘酒活用レッスンを新プログラムでスタートします。

「甘酒を使いこなす!甘酒&甘酒だれ教室」
初回はなぜ甘酒が良いのか?などの簡単な座学を、以前、甘酒応用編でお伝えしていたあると便利な発酵だれを入れさせていただき、お土産つきになります。

1.甘酒について、甘酒の作り方、ドレッシングなど (帰ったらすぐに甘酒が作れます)
2.甘酒の使い方 お肉編
3.甘酒の使い方 お魚編 甘酒たらこ味噌だれ
4.甘酒調味料 甘酒トマトだれなど2種類
5.甘酒調味料 甘酒玉ねぎだれなど2種類

参加費 5回一括 42500円 (消費税別)
単発参加1回 1万円 (消費税別)

3月スタートでご希望者は月曜か木曜でご都合の良い日をいただけると嬉しいです。

時間は10時半から13時半 (14時完全終了)

伴乃 美名
iPhoneから送信

「こうじ水」ご存知ですか?

IMG_7148.JPG IMG_7165.jpg IMG_7190.jpg IMG_7191.jpg IMG_7193.jpg

カラダに良い!効果的!などという文字や
番組をみるとすぐに試している私ですが、

この「こうじ水」にはなんの閃きもありませんでした。(ごめんなさい)

こうじ水の効能といえば、
1.便秘解消 2.肥満防止 3.血圧を下げる 4.美肌効果
5.疲労回復
があげられますが、甘酒と同じではないですか。

ただ米麹など麹菌とお水をつけて8時間でできる。
麹菌を2.3回は繰り返し使えることなど、
お手軽さは認めます。

私はいつものスムージーの豆乳の代わりに、
こうじ水を入れました。

あと、2回作った麹は潰して、
マヨネーズとあえてドレッシングにしました。

円やかな玉ねぎの苦味を取り除いてくれて、
いくらでも食べられる感じのドレッシングに仕上がりました。

今夜は唐揚げだったので、
居酒屋メニューに玉ねぎおかかサラダを添えました。

私のお勧めしてる甘酒とこうじ水はさほど変わらないのですが、8時間、温度を保つか否かの違いだと思いました。

どちらが良いのか…

美味しく、簡単で続けられるものをお勧めします。

伴乃 美名
iPhoneから送信

甘酒応用レッスン 【ちょっとあれば甘酒調味料仕込み】 終了しました!

IMG_6827.jpg IMG_6828.jpg

甘酒プチレッスンから甘酒応用レッスンで、
甘酒の作り方から普段の食材にどのように使うのか?をプチレッスンでお伝えし、

その甘酒をたっぷりつかいながら、
色々なタレやソースをストックできるように仕込み、毎日のご飯作りにお役立てできるレッスンです。

甘酒トマトだれ、甘酒トマトみそ、甘酒玉ねぎだれ、甘酒ネギダレ…

今回は甘酒たらこだれと甘酒ニンニクだれをお伝えしました。

それを使ったランチです。

生徒さんからは、
「どの料理も美味しいし、身体に合います。
教えていただいたどのタレも活用が豊富で、
仕込んだ調味料もどんどんアレンジして使えるので、毎日の食事作りに助かっています。」
と嬉しいお言葉をいただきました。

大丈夫かな?と不安との闘いではじめた教室も、
皆様に喜んでいただけて嬉しいです。

高津 美名
iPhoneから送信

Page Top