2019年ぐるなび®︎トレンド鍋は「発酵鍋」発酵鍋でも「ト リプル発酵鍋」は如何ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

IMG_5362.jpg IMG_5359.jpg IMG_5358.jpg IMG_5361.jpg IMG_5360.jpg IMG_5365.jpg

2019年ぐるなび®︎トレンド鍋は「発酵鍋」ということで、
先日も発酵について取材をいただきましま。

今日は発酵鍋でも【教えてもらう前と後】で放送されていた「トリプル発酵鍋」というものを私も作ってみました。

こちらの番組では、キムチ、カマンベールチーズ、白味噌のトリプル発酵食品を使用し、

トマトジュース 、めんつゆ、水でスープを作っていました。

めんつゆと水は「昆布出汁、八方だし」を使用し、
トマトジュース はトマト麹とトマトジュース で
かさ増ししました。

トマト麹はトマトジュースと米麹で甘さ控えめに
作ったものです。

なので少し甘みが欲しかったので、
トマトジュースを半々にして、
少しトマト麹の中にトマトジュース を入れて
馴染ませておきました。

我が家で鍋といえば野菜もたっぷりといただきたいので、あらゆるものを入れています。

以前、生野菜は身体の血流を即すため、
身体を温めると言われ、

鍋は顔や胃まで温かいものが通るところが温まるけど、身体中の血行を即すものではない、

食べ終わって時間が経つとまた冷えるということがあると言われてました。

この発酵食品を使ったもの、
また私のように発酵調味料を使ってのお鍋は、

添加物も一切ないし、
添加物の入ったお鍋出汁を使うより、

健康志向の高まりが非常に見えており、
味わい豊かなうまみ、
香りの発酵食材が非常に注目されていくでしょう。

 発酵食品、とりわけ、納豆、チーズ、塩麹、味噌、ひしお、甘酒などを正しく取り入れていくと、

麹菌のもつ代謝を促したり腸の働きを整える作用があり、

風邪対策をはじめとした免疫力アップや美容効果も期待できるといわれています。

温めると麹菌は死滅して良いことはないのでは?
と心配されると思いますが、

完全に死滅する菌もいれば、
高い温度でも死滅しないものもありますので、
入れるタイミングでもかなり変わってきますので、
ご安心を!

この秋、天気も良く気温も高めだったので、
秋花粉の影響で鼻炎や風邪のような咳で、
喘息を患っている方も増えているようです。

腸内環境を見直すためにも、
温かいトリプリ発酵鍋を活用してください。

今日は発酵食品の代表格ともいえるチーズを使い、
また「カマンベールチーズ」を丸ごと入れたので、
とてもコクが出た感じがしました。

〆はトマトリゾット。

味噌と納豆、きのこ麹などでも美味しい取り合わせのように思いますので、
またやってご紹介しますね。

【スープ】
八方だし400ml
トマトスープ 700ml
(トマト麹400ml+トマトジュース 300ml)
白味噌 大1.1/2

【具材】
キムチ、カマンベールチーズ、とろけるチーズ、
白菜、豆苗、エリンギ、えのき、鳥もも肉、鶏ひき肉、山芋、(玉ねぎ麹、トマト麹)、玉ねぎ、ごはん

〆はトマトリゾット。
玉ねぎとご飯ととろけるチーズをいれました。

3つの発酵食品を合わせた【トリプル発酵鍋】
お試しくださいね。

伴乃 美名
iPhoneから送信

Page Top