月別アーカイブ: 2016年11月

おねむり先生と「こども眠育」活動がはじまりました

IMG_1230.JPG IMG_1237.JPG IMG_1159.JPG IMG_1163.JPG IMG_1177.JPG IMG_1190.JPG IMG_1195.JPG IMG_1197.JPG IMG_1198.JPG IMG_1207.JPG IMG_1213.JPG IMG_1216.JPG IMG_1221.JPG IMG_1229.JPG

守山区にあります、こととも保育園にて、
「こども眠育」におねむり先生として参加させて頂きした。

こどもの眠りの現状について、
お話をさせていただいて、

紙芝居、あしゆびトレーニング、あしうらコミュニケーション
と進む1時間の流れ。

私達も来年の4月からの本格始動に合わせ、
初めてさせて頂きました。

紙芝居は今回はスクリーンに投影させて頂きましたが、2歳からの5歳のお子さん達は、
引き込まれるように見て、聞いてくれました。

そのあと、あしうらトレーニングは、
お子さんもお母様も楽しんでやっていただけました。

あしうらで、グー、チョキ、パーが上手にできるお子様もいらして、上手にできるね~って、
褒めてあげると、

みんな頑張ってやってくれました~

あしうらコミュニケーションでは、
お子様の足を触らせていただき、

ママに見てもらいながら、

お子さんはママのあしうらを触っていただくというコミュニケーションをとります。

私が担当したのは、2歳児のお子様たち。

手で触って撫でてあげるくらいの力で、
十分なあしうら。

でも、気持ち良い~って触ってってだしてくれます。

風邪をひいて、喉が痛い?のか、
そこは逃げていきます(笑笑)

でも違う指は触らせてくれたり。

素直で、可愛い~

そして、ママの足もやってあげようねって言うと、

一緒に触ってくれて、
ママ気持ち良い?って聞いてくれる微笑ましい姿にジーンときてしまう私でした。

まだ小さいお子さんの子育て中のママが、
なかなか眠れていなくて、

そんな大好きなママと寝たくてお子さんも睡眠時間が足りなくなってくる現象があるのですね。

まだまだこれから成長するお子さんのためにも、ご自身の健康とカラダのためにも、

これから、
ねむりに対して知って頂くきっかけづくりをさせて頂きたいと思います。

ねむりについてのお話会、
ねむれるカラダを作る発酵美腸食®︎教室、
おねむりレクチャー2級講座、
こども眠育 活動(2017年4月スタート)
など、はじめていきたいと思っています。

高津 美名
iPhoneから送信

「ねむりと発酵食」についてお話させていただきました。

IMG_1144.JPG IMG_1153.JPG IMG_1140.JPG IMG_1139.JPG IMG_1138.JPG IMG_1146.JPG IMG_1141.JPG IMG_1137.JPG IMG_1147.JPG

常滑市教育委員会様からご依頼いただきまして、「ねむりと発酵食」についてお話させていただきました。

シルバースクールの方へ1時間半の講演をさせていただきました。

常滑市といえば、愛知のほこる日本酒や豆味噌、たまり醤油などの蔵元や発酵調味料と常滑焼の壺。

私ごとですが、小学高学年の時の校長先生が私は大好きでした。とても優しく、いつもニコニコされていて、怖い印象のない先生でした。

内弁慶で引きこもり気味の私は、先生の励ましの言葉で、人生が変わってきたのではないかな?と思うくらいなのです。

その亡き校長先生は、
ここ常滑にお住まいで、結婚のお祝いに、
私は常滑焼の壺をいただいていたのです。

それは実家に温存されていましたが、
私が発酵を、みなさんにお伝えするようになり、母が持ってきてくれました。

今はこの中に、ひしおが入っています。
ぬか漬けや梅干しなど漬け込んでいます。

協会の方からお話をいただいた時は、
眠育の講師デビューが常滑市になるのは、
私にとって、ほんと嬉しいことでした。

ありがとうございます。

2週間前に、睡眠力を鍛えよう!で「高齢でも質の高い眠りを」という題目で、

CSAおねむりレクチャーインストラクターの山本先生が講演されてるので、

私はざっと復習の話をさせていただき、

今回は血流を良くする体操をお伝えしました。

みなさんに触れさせていただき、

あーここ、あーこれね、
痛いわ、気持ちいい!

って言っていただけて、ホッとしました。

それから、
ねむりに関係する、
食生活やホルモンの話を中心にさせていただきました。

そして、みなさんに甘酒をお配りし、
なぜ発酵食がねむりに大切なのか!

ということもお伝えしました。

シルバー世代だといえ、
しっかりメモをされていて、
真剣にお話も聞いていただけて、

温かく見守りいただけて、
嬉しい限りの講座となりました。

そして、みなさんに、甘酒を味わって飲んでいただけてまた嬉しくなりました。

そして、本来は教室でお伝えしてるレシピも、常滑市から通っていただくことは、

大変なので甘酒の作り方もお伝えしました。

早速、作ります❣️って言っていただけ、
またまた嬉しい反応に伝わったのかな?
と一安心(笑)

初めての講演でアタフタしたこともありましたが、また皆様からのアンケートもじっくり読ませていただき、今後の参考にさせていただきます。

本日はありがとうございました。

伴乃 美名
iPhoneから送信

甘酒からはじめよう~発酵美腸ライフ~

IMG_1128.JPG IMG_1134.JPG IMG_1135.JPG IMG_1131.JPG IMG_1130.JPG IMG_1133.JPG

本日、今年、最後になります、
甘酒からはじめよう〜発酵美腸ライフ〜を開催いたしました。

以前から気にかけていただいた私の教室に、
やっと予定があってご参加頂いて、嬉しく思います。ありがとうございました。

今回の甘酒はノーマルな甘酒。
レモンジンジャー甘酒、
キュウイフルーツとバナナ甘酒、
柿とシナモンの甘酒
でした。

甘酒はお酒ではありません。
江戸時代に夏バテしないも喜ばれた優しい飲み物です。

手作りする甘酒には、
吸収率の高いビタミンB群、
たくさんの酵素など、
トリプトファンなどの必須アミノ酸も9種類入っているので、

火入れされた市販のものでは得られない成分がたっぷりなのです。

ぜひ自宅で作って、
腸内環境を整えて頂きたいです。

そして失敗しない炊飯器の作り方も伝授します。

みなさんと一緒に仕込んだ甘酒が、
6時間後に出来上がりました。

そして、一般的に使われてる塩麹も、
より、麹菌が活動しやすいように調整して、
作っていただきます。

みなさんからは、

甘酒の概念が変わった

目から鱗 市販の甘酒は苦手だった
けど、本当に美味しかった

色々使えることに驚いた

フルーツで全く味が変わる

健康に良い、

たくさんの栄養があることがわかった

色々な使い方ができることがわかり良かった

という結論でした。

皆様に喜んでいただけて、ありがとうございます。

次回の開催は1月になります。

また開催をお知らせしますね。

伴乃 美名
iPhoneから送信

Page Top