月別アーカイブ: 2016年6月

体験、離乳食教室を開催しました。

IMG_7230.JPG

今回は2組のお友達参加でしたが、
1組の7カ月の赤ちゃんが夜中に発熱されたとのことで、欠席に。

でも1人でも参加頂けて嬉しいです。

もうすぐ2歳になる男の子。

キュウリはたべないのに、
ぬか漬けのキュウリはおやつにパクパク食べるんですって。

キュウリのピクルスは美味しいポーズと酸っぱいポーズをしながら、

でも、イヤっ!って出すことなく、
食べていました。

つみれ汁も最初はイヤっってましたが、
ゴクゴク飲んだり、

IMG_7231.JPG

とうもろこしのご飯もイヤってしながら、
最後は片付けようとすると、
泣いて、全部食べてました。
IMG_7227.JPG

雑談に講座に質問に、

4時間近くに渡ったのに、

たくさん遊んで、好奇心を揺さぶりながり、
イタズラをして⁈

でも我が家は、興味津々になるんだろうなって
我が息子を思い出しながら、
感じているので、

お構いなく^ ^

こういう悪戯も知育を育てるもの。

食育と知育は繋がりさっていますから。

ママの疑問になる質問にお答えしながら、
それぞれのペースで進めるかことができる、

プライベートレッスン。

結婚して、数ヶ月に赤ちゃんが誕生し、
未熟ながらも頑張ってお料理をするママ達。

如何に普段の食事に使えるように、
お伝えしていきたいですね

出張レッスン「発酵美腸食教室®︎〜こうじについて〜」

IMG_7147.JPG IMG_7149.JPG IMG_7150.JPG IMG_7152.JPG IMG_7153.JPG IMG_7154.JPG IMG_7141.JPG IMG_7142.JPG IMG_7143.JPG IMG_7144.JPG

半田の「オフィスサロンMaumu」で、
第2回 「発酵美腸食教室〜こうじについて〜」を開催させて頂きました。

まずは、「こうじ」についてのお話から始まりました。

東アジア圏内しか生息しない、
麹カビ、アスペルギルス オリゼー君。

その魅力をたっぷりお話させていただくと、
本当に話が止まりません^^;

特徴とか特性などお話させて頂きまして、

やはりイチオシ!の「甘酒」のお話を、
重要なことは忘れずに、お伝えしています。

やはり、皆さんにとっては、
塩麹や醤油麹というものが、身近なのでしょうね。

リクエストがあったので、
オススメの塩麹を作りました。

これは、本当に美味しいですよ〜

甘酒からはじめよう~美腸ライフ~

IMG_7095.JPG IMG_7073.JPG IMG_7074.JPG IMG_7075.JPG

新講座 「甘酒からはじめよう〜美腸ライフ〜」を開催しました。

今回から甘酒の試飲は少なめですが、
夏向きのジェラードや夏向きのシャーベットなども、お出ししています。

私の甘酒を飲まれた方は、
甘酒が苦手〜っておっしゃる方も、
「あー、これなら飲めます!」って方が続出です。

この日に参加されて皆様、
早速自宅に帰り作られた方もいらっしゃる様子。

しかも、
「私は作らないけど、
甘酒が好きだから、飲みたいだけど、
参加して良いですか?」と言われた方が、

早々に作られていました。

それくらい、美味しい!し、知れば知るほど、
甘酒を生活に取り入れたくなるのです。

いくら蔵で美味しい甘酒を購入しても、
手作りには叶いません。

今回からNHKの番組「はじめよう発酵ライフ」でも、放送があったので、

塩麹、醤油麹も取り上げて欲しいということで、

麹のことを座学に加えて、
麹に触れて頂き、塩麹を実際に作っていただきます。

本当にみなさん楽しそうです。

*乾燥麹と生麹の違いは?
*作り方は同じでもできますか?
*料理に使ってもあまり美味しくなかったですが、やり方が知りたいです。

などなど質問もいただいたので、
お答えしました。

次回の1Day 発酵基礎講座&甘酒応用編では、
お料理もつくりますので、
煮物なんかも加えていきますね^^

伴乃 美名
iPhoneから送信

1DAY発酵基礎教室&甘酒応用編

IMG_6938.JPG

この1DAY発酵基礎講座&甘酒応用編は、

「甘酒交流会」や「甘酒からはじめよう〜発酵美腸ライフ〜」に参加いただいた方を対象に、

甘酒を飲むだけではなく、
日々の食事に活かし、自分だけでなく、
ご家族のみんなの食生活を変えていけるように、考えた内容です。

なので、午前中は「発酵、発酵っていうけど、一体、なんなの?」

「消化が良いっていうけど、どういうこと?」

「酵素ドリンクが身体に良いよってジュースを作って、発酵したら飲んでますよ」

「じゃあ酵素ドリンクの酵素って何なの?」

「腸内環境って最近よく耳にするけど、
これはどういうこと?」

などなど、まずは甘酒などを取り入れて頂く中で、疑問だらけの「発酵」ということを
学んでいただく座学をメインに、

これから、こういう生活も良いかな〜と思えるお話を、バッチリしていきます。

飲み物はデトックスハーブティーと、
今の季節の甘酒などをお出しして、
頭をスッキリさせて1時間半くらいでしょうか。

休憩を挟みながら進めていきます。

IMG_6937.JPG

腸内環境を整えることが大切だと、
報道や雑誌等で取り上げられているので、
本当に大切だということは、
皆さん、理解されていますが、

では、本に載ってるように、
TVで放送されたように、
食事を変えたから、
「変化がありました」

って言われる方は、本当に少ないです。

なので、私は

「より日々の生活に取り入れていただけるか」

「どのように気をつけたら良いか」

「日々の食事がかわるとこんなに変わるんだね」

「体質改善の一歩として」

「風邪をひきにくい、免疫に強い身体に」

「アレルギー知らずの身体に」

「老けない身体に」

「アンチエイジングと介護のいらない身体を目指して」

どうして、甘酒が素晴らしいのか、

そして、腸内環境が良くなると、
他にももっと良いことがたくさんあります。

そんなお話の座学を用意しています。

IMG_6933.JPG

お腹がなり始めたら、

甘酒を使ったプレートランチを作りながら、皆さんで頂きます。

一緒に作ることで、
脳も喜び、また作れることで、

自宅に帰ってから直ぐに取り入れていただくことができるからです。(⇦これかなりポイント!)

IMG_6936.JPG

座学の終了と同時にお仕事のため退席される方がいらっしゃったので、
移動中に召し上がっていただけますように、

お弁当に詰めさせて頂きました。
IMG_6927.JPG
IMG_6925.JPG
IMG_6929.JPG

こちらでランチをいただいた方も、
とっても満足されてる笑顔や、

「あー私、実は人参もセロリも食べれないですが、これは食べれました」

「この、しめ鯖もなんて美味しくなるのでしよう!」

って多めのしめ鯖も完食いただきました。

IMG_6928.JPG

全て甘酒を使っているお料理。

素材ことの良さを引き立たせるので、
同じ甘酒でも味が同じにはなりません。

そして、食材の素材の味も楽しむことができるのです。

次回は、7/9(土)7/13(水)に開催致します。

http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/10622

ご参加希望の方は、
上記リンク、もしくは、「お問合せ」から
お申し込みを受付させていただきます。

 

伴乃  美名

 

オーダーメイドの料理教室を開催しました

IMG_6815.JPG IMG_6835.JPG IMG_6834.JPG IMG_6836.JPG IMG_6818.JPG IMG_6817.JPG

連日の「出汁の取り方と美味しいご飯の炊き方教室」に加えて、「甘酒を試してつかえるようになりたい」というリクエストに「おうちごはん〜ひき肉編〜」の特に大切なこと、

また、すぐに必要なこと、
帰ったら直ぐに使えるように、

ビッチリでぎゅうぎゅうに詰めこんだ、
レッスンになりました。

お子さんのアトピー性皮膚炎でお悩みだった、
Hさんですが、

私や娘のウォーキングの先生で、
同じ悩みをもち、
経験者である私から、

ぜひ、発酵を普段の食生活に取り入れたいからと、ご依頼がありました。

先日はお子さんとテレビ電話?でお話をしちゃいました(笑)

実は私は赤ちゃんや子供が大好きで、
小さい頃からずっと、
「大きくなったら何になりたい?」って言われると、

「幼稚園の先生」って言ってたぐらい。

こんな小さなお子さんが痒いの…って言われると、なんとかしてあげたいな〜とウズウズしちゃいます。

こういう時のママの苦しみもわかっているので、

どうにかしたい!っていう気持ちにはお答えしたくて。

でも、詰め込みすぎたかな?と反省も。

でも、普段はご主人と2人暮らしで、
食事は21時過ぎから晩酌をしながらの夕ごはん。

メインの料理をというよりは、
おつまみで良い感じだというEさんには、

醸した料理は二日酔い防止にもなり、
身体には良いですよね。

そして、お酒を嗜む前には甘酒を飲んでから、
今夜もカンパーイ!お疲れさま〜って、

素敵ですよね^ ^

お出汁を使って煮びたしなど、
お出汁と甘酒を使えるものをご連絡しました。

オーダーメイドレッスンって、
目的が決まっているので、

必要なことと、使えるようになることを、
重点にお伝えできて、

なかなか良い感じでした。

お出汁でお豆腐とあさりの味噌汁。
甘酒ケチャップや玉ねぎ酢も作って、

ごはん、
あさりの味噌汁、

豆腐とあおさの味噌汁、
ハンバーグ、
ミートボール、
チキンナゲット、
鮭の塩焼き
トマトの塩麹漬けマリネ、
サラダと塩麹ドレッシング、

甘酒の試飲はキュウイフルーツ、
バナナ甘酒、
トマト甘酒のシャーベット

お出汁と甘酒をお分けして、
早速、あさりの味噌汁やハンバーグ。

ホイル焼きのお魚を甘酒で仕込んだり、
お肉を甘酒味噌に漬け込んだりと、

明日からのお食事が楽しみです。

でも、何より早くお子さんの痒みが和らぐことを考えてあげたいです。

今後は、このような体質改善を希望される方は、個別だったり、少人数でレッスンを作りたいと思っています。

伴乃 美名
iPhoneから送信

「赤ちゃんの離乳食には使いたいお出汁の取り方教室」を開催しま した。

IMG_6798.JPG IMG_6800.JPG IMG_6801.JPG IMG_6802.JPG IMG_6803.JPG IMG_6806.JPG IMG_6807.JPG IMG_6820.JPG

3人の赤ちゃんとママに参加いただいた、
「お出汁の取り方教室」を開催させて頂きました。

沢山お出汁をとり、皆さんにお分けします。

だって、なるべく早く、日常の生活に、美味しいお出汁を取り入れてもらいたいから。

離乳食を始めていてもまだ母乳を1回でも赤ちゃんにあげてるママなら、

ママが食べたものが、あかちゃんの栄養になるので、とっても大切なのです。

いつものお出汁教室よりも、より詳しく、即、実践していただけるように、

細かくお話させて頂きます。

どうして「お出汁をとった方が良いのか」
「赤ちゃんの味覚が作られる話」
「旨味を感じる舌をつくる話」

あ、「でも手作りするのは、身体に良いとはわかっているけど、面倒だし、ムリ!」
って諦めてるママ達にも、

続けれるようにお伝えするし、
お手伝いさせて頂きます。

赤ちゃんのための出汁をとることが、
パパやママの食事作りにも役立てるように、

アトピーやアレルギーになってしまったお子さんも、
改善できるお手伝いができるように、

ママが面倒にならない食事つくりにしないように、

子育てを経験した私、伴乃 美名が、
食事のアドバイスやメンタルケアを
オーダーメイドで作っていきたいな~と思っています。

お出汁教室にはお米の研ぎ方もお伝えして、
美味しいご飯を炊けるようになることも、
お伝えしています。

昆布のお出汁をとりながら、
お米を研いで頂きます。

それを土鍋で炊いていきます。

お出汁がとれたら、

3種類の味噌汁を作ります。

~参加者の感想~

*お味噌汁がこんなに美味しいとは感動です。

*お出汁とお味噌は同じものなのに、
具材によって、味が違うなんて感動しました。

*アサリがふっくらしてとても美味しいアサリの味噌汁です。

*味噌汁作りは美味しくできないので、
苦手ですが、チャレンジしてみます。

メニューは
*土鍋ごはん
*小松菜の味噌汁
*豆腐とあおさの味噌汁
*アサリの味噌汁
*茗荷と紫蘇の梅醤あえ
*鯖のぬか漬け焼き
*ぬか漬け、盛りだくさん
*ラディッシュの甘酒レモン漬け

でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

伴乃 美名
iPhoneから送信

Page Top