カテゴリー別アーカイブ: 日記

3種の甘酒で溜めない”おなか”をつくる甘酒1day レッスンを開催しました。

IMG_6581.jpg IMG_6582.jpg IMG_6584.jpg IMG_6562.jpg IMG_6593.JPG

お久しぶりの投稿になりました。

新しいカリキュラムの準備等で、
投稿がなかなかできなかったですが、

漸く、スタートを切ることが出来ました。

毎回、この甘酒1dayレッスンでは、
ノーマル甘酒、季節のフルーツ甘酒、デザートを召し上がっていただきます。

ノーマル甘酒に、
今後は、今、話題の「乳酸菌生産物質」を入れたものもお出ししようかなと思っています。

今回は
*いちじく甘酒、
*さつまいも甘酒を使ったクリームチーズのスイートポテト
*ナマ甘酒
でした。

すでにレッスンが終わる頃には、
おなかがグルグルしてます!

とか、

身体がポカポカしてきました。

というお声があがりました。

それは生きている麹菌のおかけなんですよね〜

その感動を皆さんにも体感していただきたいなーと、
思います。

次回の甘酒1dayレッスンは、
11月2日に開催します。

伴乃 美名
iPhoneから送信

甘酒便活セミナー@可ん寅

IMG_8454.JPG IMG_8460.JPG IMG_8459.JPG IMG_8458.JPG IMG_8456.JPG IMG_8455.JPG IMG_8472.JPG IMG_8453.JPG

可ん寅さんの夏の行事に、
「溜めない”おなか”と”こころ”をつくる『甘酒便活』のススメ!」のセミナーをさせていただきました。

前回も22名、今回は30名近い方々にお越しいただけました。

前回、45分で伝えないといけないということで、
端折り過ぎたので、
ゆっくりわかりやすいようにと思って、

なぜ、便活なのか?
なぜ、甘酒なのか?
という話も盛り込んでいたり、
質問も沢山いただけ、
応えていたら、
あっという間に時間がオーバーしてました。

でもそれだけ、とても内容の良いセミナーに
なったのではないかな?と、

今後の課題を見つけることもできました。

毎回、男性の方も奥様に連れてこられてるのかな?と思いきや、
甘酒が好きなんです。

って、色々見せていただきました。

でもお勧めしたいのは、
生甘酒。

その理由もしっかりお話しています。

この時期の麹は乾燥麹が多く、
その作り方も色々、女将の鈴木恵子さんと、
研究発表のやり取りのように、
取り交わして、

美味しく出来上がるコツをお伝えできました。

甘酒も今回は6L近く仕込んで、
お勧めしてる甘酒の試飲用、
乾杯の甘酒、デザートの甘酒を準備しました。

そして、料理長さんが意地をみせてくれた、
甘酒をふんだんに取り入れたお料理の数々。

8品全部に甘酒を使っていただいてます。

皆さんと食事の話もしながらの会食会も、
とても楽しいひと時でした。

最後に女将と同級生と写真をパチリ。

可ん寅の女将、鈴木恵子さん。
お声掛けくださり、ありがとうございました。

伴乃 美名
iPhoneから送信

可ん寅さんにて、溜めない”おなか”と”こころ”をつくる「甘酒 便活」のススメ!セミナーでした

IMG_8040.JPG IMG_8041.JPG IMG_8045.JPG IMG_8042.JPG IMG_8049.JPG IMG_8043.JPG

可ん寅さんの夏の風物詩「粋な大人の七夕遊び」の初のお昼席イベントにお声をかけていただき、

皆さんに囲まれて、一瞬、驚いてしまいましたが、

生徒さんや同級生、幅広い年齢層の中での、
腸内から美しく健康になるための講演と甘酒の作り方のデモンストレーションを開催させていただきました。

食い入るようにお話を聞いていただき、
またデモンストレーションでも、
どうなってるの?
って覗き込んで観ていただけて、

お客様と一体となった素敵なセミナーになりました。

麹はどこで購入したら良いの?
作るのは難しいけど出来ますか?
甘酒は甘いけど、カロリー的にどうなの?

など、質問もいただき、
解消させていただきましたよ。

「飲む点滴」と言われてる「甘酒」。

疲労回復に今年の猛暑の予感の夏には、
最適ですが、

気になるのが糖度とカロリーの問題。

私のお勧めする甘酒は糖度的には低いので、
そんなにカロリーを気にすることは無いと
私は思っていますし、感じています。

お料理は懐石料理なのですが、
当初は打合せでいただいたお料理の中で、
「2.3種類、入れさせてもらう」という感じでしたが、

7種類のお料理に、
全て甘酒を使ったお料理を作っていただいたということで、

どれも美味しくて、

砂糖ではない、優しい甘みで、
あとに引かない美味しさでした。

醤油を甘酒で円やかにした割り下で、
お刺身をいただきました。

この使い方は減塩になって良いですね。

次回、7月29日(土)11時から
可ん寅さんにて行います。

まだお席もありますので、
お店にお問い合わせくださいね。

可ん寅 HP

http://www.kan-tora.com/

女将のブログ

http://ameblo.jp/kantora-okami/entry-12292992906.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=94f022dfc9f6460ead24200c189be2e5

高津 美名
iPhoneから送信

発酵美腸食®︎教室〜発酵おうちごはん・甘酒編〜

IMG_7281.JPG IMG_7283.JPG

今日の名古屋は梅雨入りしたのに快晴の30度。
心地よい風があり、お家の中では過ごしやすいです。

江戸時代、夏バテ防止に庶民に流行し、
水戸黄門などの時代劇のドラマで、
町民が食堂のようなお店に入り、

「いらっしゃい」
「冷えてる?」
「冷えてるよー、一杯?」って会話は、
甘酒の注文のようです。

それを聞いてから、
わたしも主人と時代劇のドラマを観るのが楽しくなりました(笑)

そのころからの出来事で、
俳句でも夏の季語になっている「甘酒」。

今日はこのような内容で行う最後の甘酒教室。

キャンセルがはいり、
2名さまの濃厚なお時間を過ごさせて頂きました。

ランチは甘酒をたっぷり使ったプレートを
お出ししました。

意外な使い方、TVで放送されて、
話題になっていても、
情報に流され、自身で作られても、
これで良いのか、もっと保温させるべきか!
など、わからない疑問を質問いただけて、
わたしも、アウトプットできて楽しい時間になりました。

遠いところからありがとうございました。

伴乃 美名
iPhoneから送信

発酵美腸食®︎教室〜ひしお仕込み〜

IMG_7164.JPG IMG_7167.JPG IMG_7170.JPG IMG_7171.JPG IMG_7172.JPG

久しぶりの更新になります。

溜めない「おなか」と「こころ」をつくる甘酒便活のススメ!の甘酒先生「伴乃 美名」です。

5月は名古屋TVのドデスカの「菌活」、
5月24日の「菌活の日」には、
東海TVのニュースONE 「甘酒特集」に、
また、6月2日、NHKのほっとイブニングでは、「いまコレ!リサーチの『腸活』」に、
腸活といえば、甘酒ということで、
教室を取り上げていただきました。

HP内にも、動画を貼り付けていますので、
ご覧くださいね。

今日は、ドデスカで名前のみ取り上げていただいた、
「ひしお仕込み」教室でした。

「ひしお」を仕込んでいただいてからは、
我が家のひしおを使って、

色々な食材に使う活用をざっとさせていただいています。

お刺身の使い方、野菜の使い方、イカの塩辛も
作っていただきます。

今日は、発酵美腸食®︎マイスターを目指されてるChisakoさんにデモをしていただきました。

そして本日のランチもひしお三昧のお食事となりました。

「ひしお」や「甘酒」を、日々のおうちごはんに少しずつ取り入れていただけると、

時短にもなり、消化の負担をかけないお食事になりますよ。

伴乃 美名
iPhoneから送信

高津 美名
iPhoneから送信

本物の豆味噌を仕込んでみました

IMG_4971.JPG IMG_4974.JPG IMG_4976.JPG IMG_4979.JPG IMG_4983.JPG IMG_4994.JPG IMG_4995.JPG

愛知県の三河地方に伝わる八丁味噌文化。

私は豊田市に嫁いだ時、主人の実家でいただいた八丁味噌の豚汁に衝撃を覚え、それから、

我が家の味噌が八丁味噌、豆味噌に変わりました。

醸せ師になりたくて、
発酵について学ぶまで違いって色の濃さくらいしか、わかりませんでした。

でも、味噌仕込みをしながら、色々学ぶ中で、
豆味噌と豆麹の、関係が面白くて、

豆麹を使ったお味噌を今年は15キロを自宅用に仕込みました。

今回はチエズキッチンのワークショップ、枡塚味噌さんの、本物の豆味噌を仕込んでみました。

このお味噌がどうなるか楽しみです。

私は発酵の専門として、
発酵料理教室を主宰させていただいているので、

指さきから、皮膚から、感じることができます。

熱く感じながら出来上がりを待つことにします。

伴乃 美名
iPhoneから送信

初開催!おねむりカフェ

IMG_4591.JPG IMG_4592.JPG IMG_4588.JPG IMG_4589.JPG IMG_4593.JPG

「カラダの中からキレイになるワクワクランチ会&おねむりカフェ」を開催しました。

まずは、おねむりカフェ編をご紹介しますね。
はじめての開催で、
私達おねむり先生もどんな感じになるのか、
本当にわからず、
ドキドキの開催となりましたが、

5名の方にお越しいただけました。
ありがとうございます。

まずは、皆様の足裏を見させていただき、
触っていきながら、

皆様の足裏を診断していきます。

ざっくりと5名の方の足裏の形から、

細くて四角い足裏タイプと
三角形の足裏タイプがわかりました。

それぞれに性格まで読み取れます。

細くて四角い足裏の方は、どちらかというと、
神経質気味、実直、真面目、キャパは狭いけど、やりすぎてしまいます。

三角形の足裏の方は、どちらかというと、
好奇心旺盛で何でもやり過ぎてしまう傾向がある。

そして、色や指先の形、状態で、
今のあなたの身体の状態がわかっていきます。

まだまだお一人、お一人とじっくり
色々な情報をシェアしながら、診断して、
足裏をほぐしていくと、
身体が本当に楽になります。

ねむれる身体は作ることができます。

食事法だったり、
足裏だったり、
身体中の筋肉を緩めることなど、
たくさんあります。

ご自身で体験できるセルフケア法をマスターすれば、

大切な家族の身体もしっかり守ることができますよ。

おねむりレクチャー2級講座をお勧めします。

伴乃 美名
iPhoneから送信

高津 美名
iPhoneから送信

中日新聞に掲載頂きました。

IMG_4121.JPG

2月20日(月)20面の「くらし」のページに取り上げていただきました。

健康や美容効果が高いことから「甘酒」が若い女性に人気を集めています。

スーパーでも陳列棚に色々な甘酒が並べられています。

私はこの甘酒の甘いのが大の苦手で、
今でも飲むために購入することはありません。

せっかくなので、手作りをして、
健康や美容にお役立て頂きたいと思います。

今回はオススメのレシピも公開しました。

まだまだお伝えしていないこともたくさんありますので、日常生活へより取り入れて頂けるようにお伝えしている、「発酵教室」へもお越しくださいね。

高津 美名
iPhoneから送信

発酵教室~納豆菌編~を開催しました。

IMG_3967.JPG IMG_3969.JPG IMG_3973.JPG

HPのやりかえの為に、
こちらの投稿ができずにいました。
久しぶりの投稿となります。

この2月、味噌仕込みから、
納豆菌編、ポン酢仕込み教室と続いています。

リクエストいただいていた、「納豆菌編」。

参加者の皆さんが、
えー!やだー!どうしょー!って呟かれることがとても多いこの座学。

腸まで届く「納豆菌」の秘密や、
身体に良いと言われていても、
身体に悪さもするこの「納豆菌。

しっかり理解して取り入れていただきたいです。

そして、納豆はそもそも、何からできているかというか?

この藁についている菌、「枯草菌」に茹でた大豆を包んで保存していたら、菌が繁殖して、
納豆になったと言われています。

最近、スーパーではパックの物が主流になっていますから、この藁包みの納豆を見かけることはなかなかありませんが、

もし見かけたら、召し上がってみてください。

ネバネバ回しても菌糸の立ち方が違います。
そして、口の中で糸を引くということもありません。

とても甘ーい大豆を食べている感じでした。

「納豆菌編」の教室では、
納豆を使ったお料理でランチタイムをさせていただいてます。

今回もカラフルなお野菜をいっぱいいただきました。

ご参加頂きましてありがとうございます。

伴乃 美名
iPhoneから送信

My ポン酢仕込み教室開催しました vol.3

IMG_2306.JPG IMG_2308.JPG

皆さんが帰られた後に、
サロンをお片付けしてひと段落。

一升瓶に使いかけもあったので、
私のものも仕込みました。

教室に合わせて、
2Lを仕込んでも2/3は無くなってしまうので、
今月は我が家はポン酢はダメよ!

って冷蔵庫開けるたびに言ってました(笑)

残った富士酢、杉浦醸造さんの古式本みりん、
岡本醤油さんの濃口醤油。

最後、お醤油が足りなくなって、
独吟の醤油を使ってしまいました 。
これは美味しいポン酢になるに違いありませんね。

今年は教室の開催が少なかったにも関わらず、
多くの皆様にご参加頂けまして、
ありがとうございます。

体調が変わりました、
家族に好評です、
意識が変わりました、
皆さまのお声は本当に励みになり、
やる気へと繋がっていきます。
本当にありがとうございます。
ご縁に感謝いたします。

来年は1月に甘酒が2回、ランチ会を開催し、
2月は味噌仕込み教室と納豆活用教室から始まります。

発酵基礎教室も再開しますし、
また新しい講座をスタートさせていきます。

皆さまのご参加をお待ちしています。

それでは良いお年をお迎えください。

伴乃 美名
iPhoneから送信

Page Top