「3種の溜めないお腹をつくる甘酒体験会」を開催しまし た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

IMG_3281_2.jpg

「3種の溜めないお腹をつくる甘酒体験会」を開催しました。

今回は、以前にお会いしたことがあり、
長年、花粉症を改善したいと思われていて、会話の中で色々なことをご存知で関心がわいたと仰って頂いた方、

生徒さんのブログを読まれて参加してくださり、
興味を持っていただいた方、

インターネットやHPを見て同じ悩みを持ってる方が改善されていたからと言われた方、

ご参加いただきありがとうございました。
ホント、暑い中お越し頂けたので、
3種と言わず、甘酒アイスまで5種類を召し上がっていただきました。

体験会が終わる頃には身体がポカポカしてきたり、
お腹がグルグルしてきたり…

いろんな体幹をいただけたのではないかなと思います。

体験会はあくまで「ホンモノの甘酒を知っていただくきっかけ作り」と考えています。

長年患ってる花粉症、お薬はやめて、サプリに頼ってもなかなか改善されない便秘症の方が、

今日、甘酒を取り入れたからと直ぐに改善されるものでは決してありません。

私が言えるのは「続けて取り入れてください」

これだけ。

「だんだん家族が甘酒に飽きてきました。何かありませんか?」

「フルーツ甘酒もマンネリしちゃいます。」

「消費できなくて、作るのが面倒になりました」

「飲む点滴、夏バテ防止と言われてたので、
夏の間はずっと呑んでました」

というお声をかけていただきます。

で、そんなに良くならなくて…って言われます。

だって、そこには肝心なことを忘れられています。

「甘酒を使いこなして続けること」を
何もしっかり教えていませんから。

大切なことは、
自分のカラダは自分でしか守れない!ということ。

そのために必要なのは、
自分の状態の状態を知る、

そして、

自己流ではなく、専門家に習い真似ぶこと。

そして、1人ではなく、私や仲間と一緒に、
やり続けること。

ここを踏み出せば、続けることができるようになります。

それができるようになるのが、
甘酒プチ、応用レッスンになります。

発酵のことを何もしらなくても、
甘酒を作ったことがなくても、
安心ください。

逆に、余分な知識が無い方が、素直に頭に入って、
活用できることもあります。

プチレッスンでは、甘酒の作り方、お肉やお魚の使いこなし方、

甘酒応用編では、甘酒発酵調味料を6種類作っていきます。

これをマスターして、毎日の3食の食事作りに、
何かしら使っていただけたら、

甘酒を飲むのは私だけであっても、
その知識を知っているお母様だからこそ、

お料理に使って、家族も健康にしていくことができるのです。

「食べたもので身体は作られます。」

本当に日本古来から伝わる「発酵食」は素晴らしいものだと思います。

まずは、体験会にお越しくださいね。

伴乃 美名
iPhoneから送信

Page Top